社員インタビュー interview

interview社員インタビュー

Interview社員インタビュー

海洋調査、海底ケーブルの設置や修理、観測機器関連の新設から修理・メンテナンスなど、海・川・湖を問わず活躍する当社の潜水士職人を紹介します。

  • 社員インタビュー

    大塚  / 1990年入社

    ◯仕事への思い、やりがいは?
     

    潜水士の場合、水中に上手に潜れることは単なる手段でしかありません。その先にある技術や対応力が必要とされる。私たち潜水士が存在する事の必要性が仕事を続けるモチベーションになっているように思います。 一つの大きな仕事やプロジェクトでは、我々潜水士だけではなく、さまざまな業種の人たちと関わりながら仕事を進めます。多くの人と想いを一つに目的を達成した瞬間は「この仕事をやっていて良かった」と、達成感を感じています。

    ◯潜水士を目指す若者の皆さんへ
     

    私たちの仕事は常に水の中です。体力も必要ですし、プレッシャーもあり、安全面を考えた時、厳しく接することも当然あります。しかし、その分やりがいがある仕事です。「社会のため、人のため」そういう思いを感じてもらえれば嬉しいです。ガッツある若者に是非チャレンジして欲しいです。

  • 社員インタビュー

    樋口  / 2011年入社

    ◯仕事への思い、やりがいは?
     

    ダイビングは若い時から趣味でやっていましたが、海の中で仕事をする潜水士への興味も次第に持つようになって来て、実際に仕事が出来ている今は充実しています。趣味と実益ではないですが、やはり日本全国、色んな海に潜れるところが潜水士をやっていて良かったと思いますね。正直仕事が楽しいです。

    ◯潜水士を目指す若者の皆さんへ
     

    潜水士としての仕事のやりがい、面白さなど僕と違った感想を聞いてみたいです。そう言った仲間が増えていくのが楽しみです。僕はダイビングの経験がありましたが、潜水士としては初心者でした。僕が先輩に教わって育ててもらったように、新しく入る人にも、丁寧に指導していきたいと思っています。 潜水士になって一緒に全国の海へ仕事をしましょう!

  • 社員インタビュー

    田代  / 2019年入社

    ◯仕事への思い、やりがいは?
     

    大学まで水泳をしていました。卒業と同時に水泳から離れるとなった時、次に夢中になれるものを探して潜水士と言う仕事に出会いました。面接の時、簡単ではないし、生半可では出来ない仕事だと感じたのを覚えていますが、それが自分の成長繋がると思い入社することになりました。「海に潜って仕事をする」。それ自体の非日常性や知識や経験の一つひとつが今の僕には人間力のアップに繋がっていると思います。

    ◯潜水士を目指す若者の皆さんへ
     

    一心不乱に頑張った水泳が無くなった時、何もする気が起きなかった時期があります。でも、この仕事の出会った事で、また未来に向かって目標が出来ました。就職とか、何かで行き詰まっていることがあったら、一度チャレンジしてみてはどうですか?ちょっと変わった潜水士と言う仕事に。やりがいがある仕事だと思いますよ。